マインドマップ を利用して様々な情報を伝えます

マインドマップ ライフスタイル



学習 日本史マインドマップ

日本史マインドマップの使い方

更新日:

「日本史マインドマップはどのように使ったらいいですか」という質問をよく受けるので今回は日本史マインドマップマックの使い方について説明したいと思います。まず使い方を説明する前にみなさんはこのように思ったことがないでしょうか?

「学校での成績が上がらない」「勉強の仕方が分からない」「教科書を毎日読んでいるけど内容が理解できない」「漫画や小説はおもしろく頭に入ってくるけど、教科書は頭の中に入ってこない」「教科書を読んでいると眠くなってしまう」。「教科書は難解で文章が多いためどのように読み進めていけばいいのか分からない」。このような教科書の読み方についての悩みが一番多く聞きます。「日本史マインドマップ」では、そのような教科書をいかに読みやすくするかの手助けとなるように作成しています。

なぜ漫画や小説と比べて教科書は読みにくいと感じるのか?それは、教科書は学術的論点で判明した事実を客観的に正確に記載しているためです。

教科書はその時代の文化、風習、事件など、世の中の変化にキーワードをあて、事実を淡々と記載しています。そこには登場人物の感情は出てきません。あくまで事実として存在した何かを説明するのみとなります。一方、漫画や小説は登場人物にフォーカスを当て、人物の感情に訴える文章となっています、人物の感情に訴える分、読者の共感を得やすくなっています。また、ページ数の関連もあります。教科書の分量として約500ページというのがあらかじめ決まっているので、どうしても紙面いっぱいに情報を埋め込まなければなりません。一方、漫画や小説についてはそのような制約は少なく、作家によってさまざまです。

前置きが長くなりましたが、いよいよ「日本史マインドマップ」の使い方について説明します。

使うタイミングには3種類あります。予習時と学習時と復習時です。

まずこれを見てください。

旧石器時代人の生活

旧石器時代人の生活

一般的に言われているマインドマップに比べて、非常にシンプルな画面構成となっています。画面サイズも大きくありません。この画面サイズはスマートフォンでも見れる大きさとなっています。一枚、一枚の図については教科書の一節ごとの単位で作成されています。

予習時にはマインドマップに記載している単語と相関図を眺めてください。あくまで眺めるだけであり深く理解する必要はありません。具体的には「旧石器時代と新石器時代に分かれていた」。それだけの理解で問題ありません。単語について全く分からない場合でも、「ほかのページと比較して、単語が少ないから簡単そう、単語が多いから難しそう」。その程度で十分です。予習でのポイントは、授業や塾などで勉強する前段階で自分なりの教科書のイメージを頭のなかに持つことです。

Point
予習時には自分なりの教科書のイメージを頭に思い浮かべる

次に、授業や塾などでは、先生から受けた説明と予習で持っていた自分なりの教科書のイメージを比較してみてください。比較することで新しい発見や深い理解が深まります。そのうえで、新しく覚えたことをどんどんマインドマップに付け加えてください。絵が得意な人は是非絵を描いてください。絵が苦手な人でもコメントを追記したり、思ったことなんでもかんでも、落書き帳のように書き加えてください。つまり自分なりのオリジナルノート、いわゆるまとめノートの作成が学習時にすべきことです。

Point
授業中にはまとめノートの作成を行う

復習段階では自分なりのオリジナルノート、いわゆるまとめノートを見直してください。忘れている単語が無いか、漏れや抜けがないか再確認してください。復習に加え、中間試験前、期末試験前などの定期試験についてもそれぞれでも見直しを行うことで、理解がどんどん深まっていきます。その時点で自分なりのオリジナルノートは教科書を超えたノートになっています。

Point
復習時にはまとめノートを見直し再確認を行う

ここまでくるとあなたの成績はみるみる上がって得意科目の一つに変わっています。

得意科目の一つになるきっかけとして「日本史マインドマップ」を是非活用してください。

ホーム

ハイレベルな大学受験対策講座が見放題!今ならお試し登録で講義が無料に
詳しくはこちらから

よろしかったらシェアお願いします。

よろしかったらシェアお願いします。

Shortcodes Ultimate

-学習, 日本史マインドマップ
-, ,

Copyright© マインドマップ ライフスタイル , 2021 All Rights Reserved.