マインドマップ を利用して様々な情報を伝えます

マインドマップ ライフスタイル



旅行

「ねねの寺」高台寺に行ってきた

更新日:

京都の祇園・東山に位置する高台寺に行って来ました。最寄りの駅はJR京都駅、京阪七条駅で東山方面に向かった先にあります。周辺には世界遺産に登録されている清水寺があり、清水寺から徒歩10分の場所に位置しています。高台寺は別名「ねねの寺」と呼ばれています。

高台寺について

戦国大名・豊臣秀吉の妻である北政所(きたのまんどころ)ねねが夫の菩提を弔うために慶長3年(1598年)寺院の建立を発願し、慶長11年(1606年)に曹洞宗の寺院として開山しました。その後、寛永元年7月(1624年)に建仁寺の三江紹益を中興開山に招聘したことから、曹洞宗から臨済宗に改宗しています。周辺に圓徳院、高台寺「掌美術館」、霊山観音等が存在しています。

高台寺見どころ

高台寺の境内には桜やモミジなど何種類もの樹木が植えられています。春には見事な枝垂桜を楽しむことができ、秋には紅葉が楽しめます。季節によって夜間特別拝観も開催され、昼間とは違う雰囲気の中で桜や紅葉を見学できます。ライトアップ時期は毎年10月下旬~12月上旬まで行われており、この期間内の拝観時間は22:00まで延長されています。庭園の中には竹林もあり、ライトアップで照らされた竹林は幻想的な景観に変化します。冬になると木々の枯れた繊細さを見ることができます。

高台寺全体

高台寺の全景図です。

高台寺全体

高台寺全体

右手側の下になにか観音像のようなものが見えませんか?京都に観音像は風変わりですが、名称を霊山観音と言います。第二次世界大戦の戦没者および戦争の犠牲者を追悼するため、約60年前の1955年に建立されました。

では早速中に入ってみることにします。

勅使門の方丈前庭です。今は12月の冬真っただ中で木々が枯れていますが、枯れた外観も深い味わいが有ります。

方丈前庭

方丈前庭

 

方丈前庭中央

方丈前庭中央

方丈前庭砂場

方丈前庭砂場

同じく庭園内です。サークル上の形が限りなく良く整備されています。

高台寺外

境内の階段を上ると何が見えるのでしょうか

傘亭

傘亭

傘亭が見えてきました。傘亭とは茶室のことで伏見城から移築したものであり、千利休好みの茶室と伝えられています。傘亭ではお茶を飲むことはできませんが、一般の方が休憩できる茶席が庭園内にもあり500円でお茶を頂くことが出来ます。

茶屋

茶屋

また予約を行えば、座禅・茶堂の体験を行うことが出来ます。

団体様向け(要予約:合計20,000円~) 少人数様向け(要予約:2名〜6名)

ライトアップのメインどころ竹林が見えてきました。

竹林

竹林

竹林の途中で突如現れる観音像。霊山観音です。

竹林(霊山観音)

竹林(霊山観音)

竹林を降りると突如龍の生首が現れます。

竜の生首

竜の生首

過去のイベントで使用された龍の生首がおかれています。イベントでは竜の全体像が再現されていましたが、今は砂の中に隠れて龍の生首だけが見えます。この竜は臥龍廊の瓦を使って再現されたものです。

9種類の触れ仏

高台寺の周辺には「触れ仏」と呼ばれる「東山路傍の触れ仏」が点在しており、仏を触ることで御利益を受けることができます。全部で9種類ありそれぞれの仏像・仏具でご利益が異なります。

ねねの道:「摩利支天」「三地蔵」「布袋」「大黒天」
高台寺前:「天満宮」「秀吉とねね」「牛」「マニ車」
霊山観音:「願いの玉」

振れ仏

振れ仏

秀吉とねね

秀吉とねね

秀吉とねねを姿した仏像です。御利益として夫婦円満となり、皆に慕われ大らかな余生を送ることができます。

最後に正面から見た霊山観音です。

霊山観音

霊山観音

基本情報

施設名
高台寺
住所
〒605-0825 京都府京都市東山区下河原町526番地
拝観時間
9:00〜17:30 (17:00受付終了)
ライトアップ時 日没後点灯〜22:00 (21:30受付終了)
拝観料
大人(600円)
中高生(250円)
団体 (30名以上)(500円)
共通割引拝観券(高台寺・圓徳院 ※掌美術館含む )(900円)
※高台寺ホームページをご覧ください。
オフィシャルホームページ高台寺HP

よろしかったらシェアお願いします。

よろしかったらシェアお願いします。

Shortcodes Ultimate

-旅行
-, ,

Copyright© マインドマップ ライフスタイル , 2021 All Rights Reserved.